2009年2月26日木曜日

心にきた言葉集28

今日からしばらくはシェイクスピアからの引用になります。シェイクスピアの言葉にいろいろ私が考えを巡らすのは、彼の言葉の面白みを台無しにするだけです。ですので、私の論は省き、皆さんにはシェイクスピアの言葉を存分に味わって、楽しんでもらいたいと思います。


終わりよければすべてよし  シェイクスピア全集 〔25〕 白水Uブックス


褒め言葉で涙を流したのに対し、
「乙女が褒め言葉をいつまでも大切に守るには、その塩水に漬けておくのが一番です。」

「適度の悲しみは死者に対する当然の義務ですが、過度の嘆きは生きている者に対する敵となりましょう。」

「生きているものが嘆きを敵として戦えば、悲しみは極まっておのずから死んでいくでしょう。」

「私たちは、人間を救う力は天のみにあると思い込んでいる。でも、その力が私たちのうちにあることもよくある。天も私たちに自由に自由に動く余地を与えている。だから、思った通りことが運ばないのは私たちの怠慢から。」


終わりよければすべてよし  シェイクスピア全集 〔25〕 白水Uブックス


以上
また、明日***

0 件のコメント:

生きる

生きることを目指してきた いつからかはわからない 単に意味を見いだせなかった いや、自分本来の好きなことをする余地がなかった ただそれをしているだけでいい 別に生きる目的などなくても、それをしていればいい それをすることで飯を食っていくことはできない世の中...