2009年1月14日水曜日

心にきた言葉集11

「科学の基礎的法則はみんな当たり前のことから出て来るんです。当たり前と思うことがなぜそうなのかを厳密かつ精密に証明するために何が必要なのかを考えていくと、より基礎的な法則に出会えるんです。」

そう。つまり、学問の考え方は、帰納法にすぎない。今、目の当たりにしている現象という結果から、その原因を突き止めていく。

それが、「学問はそれ自体が目的である」といわれるゆえんだろう。

そこに生活という概念が入ってくると、これまで発見されてきた法則の組み合わせで、創造性を発揮するにいたる。のではないか。

まあ、普通にわからなかったことがわかっただけでも、十分楽しいんだけど、それを使っていろいろ検証するのも楽しいよね。

以上
また、明日***

0 件のコメント:

学者のウソ(食べる読書137)

私は、理系の単科大学を卒業したが、日本の大学に通ったことで分かったのは、大学は「おままごと」であるし、「詐欺」であると感じたことである。 理系という性質上、その産業への人材提供の側面が強く、それは決められたことをいかに効率よく行えるか、である。そこに独創的発想を評価...