2011年7月28日木曜日

99のなみだ(食べる読書35)





題名の通り、



涙あり、涙あり、涙ありの


短編12編。



幸せってのは、今ここにあるんだ。



自分のすぐそばに。




これが本書を読んだ感想です。





いろいろな登場人物の話。感情移入しやすい話、しづらい話。今の自分の境遇と近いとつい感情移入しちゃって涙と鼻水大行進。




「お父さん」



「桜色の涙」



「十五年目の祝福」



「おかえりなさい」


は特に胸に響きました。




以上
またね***


0 件のコメント:

毒になる親(食べる読書140)

人の顔をうかがう、というより相手が何を求めているのか、それに対して自分は何ができるか、を考えて生きてきた。 自分の親は毒親である。 全体(家族、家庭)がよくなるために、自分の果たす役割は何か、それが判断基準となった。 しかし、親がそうであったように、社...