2009年1月2日金曜日

心にきた言葉集2

「愚痴は自分の心をさらに毒し、いっそうかきむしることによって、ようやく悲しみをまぎらすばかりである。こうした悲しみは、慰藉を望まないで、救いがたい絶望の情を餌食にするものである。愚痴はただひっきりなしに傷口を突っついていたいという要求にすぎない。」

そうだぞ!愚痴ってちゃだめだ。

今日も素晴らしい一日にする。
では、また***

1 件のコメント:

Junco さんのコメント...

あけましておめでとうございます。
心にきた言葉、いいですね。
楽しみにしています。
今年もよろしくお願いします!

毒になる親(食べる読書140)

人の顔をうかがう、というより相手が何を求めているのか、それに対して自分は何ができるか、を考えて生きてきた。 自分の親は毒親である。 全体(家族、家庭)がよくなるために、自分の果たす役割は何か、それが判断基準となった。 しかし、親がそうであったように、社...