2009年1月7日水曜日

心にきた言葉集7

「自分自身を欺くものは、また誰よりも腹を立てやすい。なにぶんにも腹を立てるということは時として非常に気持ちのいいものですからな。しかもご当人は、誰も自分を辱めはしない、自分で勝手にそんな侮辱を考え出して、それに色取りをそえるために嘘をつき、一幅の絵に仕上げるために自分で勝手にそれを誇張して、他人の言葉に言いがかりをつけ、針小棒大な大騒ぎをしているということを、自分ではっきり承知している。自分ではそれを心得ていながら、自分から真っ先に腹を立て、しかもいい気分になるまで、大きな満足を感じるまで腹を立て、それによって今度は本当の敵意をもつようになってしまうのです。」

肝に銘じよう。

では、また***

0 件のコメント:

毒になる親(食べる読書140)

人の顔をうかがう、というより相手が何を求めているのか、それに対して自分は何ができるか、を考えて生きてきた。 自分の親は毒親である。 全体(家族、家庭)がよくなるために、自分の果たす役割は何か、それが判断基準となった。 しかし、親がそうであったように、社...