2009年1月5日月曜日

心にきた言葉集5

「本当のことばかり言うやつより、かえって嘘つきの方がしばしば正体をはっきり見せますからね。真実は光と同じで、目を眩ませる。逆に嘘つきの方は美しい夕暮れみたいで、いちいちの物をはっきりさせてくれる。」

確かに、人は真実に耐えられない場合がある。でも、それが人間の生存してきた理由の一つといえるとも思う。

常に自分の弱さとの戦いだと気負ってられるほど単純でもタフでもない。じゃあ、どう生きればいいのか?

やっぱり答えは「汝自身を知れ」になってしまう。

てめえの人生はてめえで創れ。ってことか。

何を自分の弱さとするのか?そしてその弱さは今後の人生で克服すべきものとしての弱さか?それとも、自分の特徴の一つとしての弱さなのか?それをも自分で決める。この選択の繰り返しが、その人の価値観になり、人生をつくっていくのでは?と思う。でもどうやって証明するの?今後の課題だな。

認識するとはどういうことか?かな?とりあえず。

以上
またね***

0 件のコメント:

学者のウソ(食べる読書137)

私は、理系の単科大学を卒業したが、日本の大学に通ったことで分かったのは、大学は「おままごと」であるし、「詐欺」であると感じたことである。 理系という性質上、その産業への人材提供の側面が強く、それは決められたことをいかに効率よく行えるか、である。そこに独創的発想を評価...