2009年1月12日月曜日

おはようございます。

朝起きて、窓を開ける。

そこには・・・

雪降ってるじゃねーかあ!!!

そんなに積もってないけど、雪化粧した山は、もーすげえ。

沖縄で育った俺にとってなんか幻想的でもあり、こんな世界があったのかといった感じ。圧倒されまくり。

そんな俺に一つの感情が生まれる。

雪ぃ、大好きだーーー!!!やべぇ、ひとめぼれってやつだ。まさかこんなにも簡単に俺の心を奪うとは…全然奪っていいけど。

去年も感動したけど、いつ見てもいいなあ。

こんな姿見せられたら、愛せずにはいられないだろぉ。

もぉ、とりあえずみんな大好きだぁ!!!!

以上
皆さん、いい一日を過ごしてね!
それじゃあ、また***

雪だるまは無理っぽいなあ…。

0 件のコメント:

毒になる親(食べる読書140)

人の顔をうかがう、というより相手が何を求めているのか、それに対して自分は何ができるか、を考えて生きてきた。 自分の親は毒親である。 全体(家族、家庭)がよくなるために、自分の果たす役割は何か、それが判断基準となった。 しかし、親がそうであったように、社...