2009年1月3日土曜日

心にきた言葉集3

「あなたの友人たちが本当のことを言ってくれと求めても、うかうかその手に乗ってはだめですよ。彼らはただ彼らが自分に対して抱いている身勝手な評価を、あなたも保証してくれと望んでいるだけです。あなたが率直に言うと誓いさえすれば、彼らはそこから自分自身の補足的な補償をくみ取るわけです。」

「中傷を耳にし、わが身の行いを改めることのできる者は幸せだ。」

以上

またね***

0 件のコメント:

生きる

生きることを目指してきた いつからかはわからない 単に意味を見いだせなかった いや、自分本来の好きなことをする余地がなかった ただそれをしているだけでいい 別に生きる目的などなくても、それをしていればいい それをすることで飯を食っていくことはできない世の中...