2008年12月26日金曜日

アーキテクチャ

アーキテクチャ(設計構想):所与の人工物が顧客に提供する一群の機能要素を、一群の構造要素に対応付ける構想、設計形式。自動車で例えると、快適性・安全・燃費など(機能要素)を、車体・車台・エンジンなど(構造要素)に対応させること。

各製品のアークテクチャは設計者のミクロ的設計行為と、社会・市場などのマクロ的淘汰圧力の相互作用という一種の進化過程の帰結。

そうだなあ、確かに現実はそうなっていくんだよね。自分の作った製品が完璧だと思っても、もっといいものを顧客が要求してたり、市場がなかったら淘汰される。

このブログもそうだなあ。

自分の伝えたいことが、このBloggerで存分に伝えられるだろうか?そもそも俺は何を世界に発信するのか?

自分という人間を発信するんだが、何を通してそれをなすか。学生として?コーチとして?哲学者として?

当分は、その模索かな。

だけど、すでにこのブログに対して淘汰的圧力があるんだよね(笑)。

まあ、くじけずやってこう!

今日もいい一日だった。
おやすみ***

1 件のコメント:

shinolabo さんのコメント...

アーキテクチャ=architecture=建築
ではなぃんですね!?
何を発信してぃくか。。。って結構難しぃ問題ですょねo(・_・= ・_・)o

巨悪の正体(食べる読書130)

日々実感しておりこんな社会の中でどう生きていくか、が課題ではあった。 このような本が出るほど日本の白痴化は進んでいるんだな、と改めて実感した次第です。 自分を通して人間がクソであることは実感していてそのクソっぷりとも依然と比べればうまく付き合っていけるようにな...