2008年12月18日木曜日

おっ!!

「関係とは行為である」

マジで~?!

確かにそうかも。ヒトゲノムが解明されたから、ヒトの遺伝子は何によってできてるかはわかる。じゃあ、それをつくれば人ができるかといえば、疑問だ。生命とは、物質そのものではないからだ。構成されてる物質間でのエネルギーのやり取りによって私たちは生命活動をしてる。

行為というと、自分が何かをすることが大事で、それによる他人への影響は考えてなかった。

感覚的に、人と人がどのような形にしろ関係してるということは、エネルギーのやり取りをしてるような気はする。

結果として、自分のすることが何か関係をつくるものでないと行為とはいえないということかなあ。

たとえ他人が介入してなくても、今の自分がいるのは過去の自分があの時踏ん張ったからということはあるな。このとき、「過去の自分」と「今の自分」との間に関係はあり、「過去の自分」のした”行為”によってできたといえる。

自分のすることを、少し引いてみて観て、何か関係はできるか?、どんな関係か?、が分かれば、なりたい関係をつくれるのでは。

これが、動きながら考えるということにつながるんだろうな。

だから、行動することが大事。というか、行動しろ!

今日もいい一日だった。
おやすみ***

0 件のコメント:

巨悪の正体(食べる読書130)

日々実感しておりこんな社会の中でどう生きていくか、が課題ではあった。 このような本が出るほど日本の白痴化は進んでいるんだな、と改めて実感した次第です。 自分を通して人間がクソであることは実感していてそのクソっぷりとも依然と比べればうまく付き合っていけるようにな...