2008年12月30日火曜日

三現主義。

日本ハム社長小林浩さんの仕事上の経験から生まれた信条。

1:まず現場に行く。

2:現場に行って、現物を見る。

3:現実を確認して施策を打つ。

やっぱりトップに上り詰めた人は、基本を自分のものにしているなと感じる。

で、これは自分の座右の銘にしている言葉。

「自分の知っていることに背いて語るものだけがウソつきではない。自分の無知に背いて語るものこそウソつきなのだ。」

三現主義に通じるものがある。自分の考えてることが大きく外れているわけではないなと確信。

ま、あとはやるだけ。

今日も素晴らしい一日だった。
おやすみ***

0 件のコメント:

毒になる親(食べる読書140)

人の顔をうかがう、というより相手が何を求めているのか、それに対して自分は何ができるか、を考えて生きてきた。 自分の親は毒親である。 全体(家族、家庭)がよくなるために、自分の果たす役割は何か、それが判断基準となった。 しかし、親がそうであったように、社...