2008年12月10日水曜日

思ったことは即行動!

学んだこと。

ピラティス:20世紀初頭にドイツ人のジョセフ・H・ピラティス氏が考案したエクササイズ。自分の体の動きをコントロールすることで、本来持っているバランスを回復させ、美しくしなやかな健康体になることを目指す。

袋小路に陥ってしまったら、それはさっさと撤退した方がいい。研究は何をやるかより何をやらないかのほうが大事。

研究者にとって重要なのは論文の数でなく、質だ。

まあ、ブログを生活の一部分にできるようにはなってきた。次は、自分の売りあるいは世間に売り出したい自分を、どう世界にブログを使って情報発信していくのが、効率いいのか色々学んでいく。

難しいよね!でも、やってみよう!

今日もいい一日だった。
おやすみ***

1 件のコメント:

Junco さんのコメント...

以前にピラティスやっていました。
その頃は体調もよく、
疲れにくかったような気がします。

学者のウソ(食べる読書137)

私は、理系の単科大学を卒業したが、日本の大学に通ったことで分かったのは、大学は「おままごと」であるし、「詐欺」であると感じたことである。 理系という性質上、その産業への人材提供の側面が強く、それは決められたことをいかに効率よく行えるか、である。そこに独創的発想を評価...